屋形船を購入するには?

屋形船を購入するには?

屋形船を購入するには? 貸し切りや乗り合いなどの屋形船は船内での食事や宴会を楽しめる、窓から見える都会の夜景や春の桜見物などが出来るなどからも人気を集めています。また、夏場は花火大会などでも利用される人が多いなど、商売として初めて見たいと考えている人も多いのではないでしょうか。屋形船を操縦するためには小型船舶操縦士ではなく、小型船舶操縦士特定操縦免許が必要です。この資格を持っていれば、船宿で働く事も出来るようになるわけです。

自分で船を購入するとなるとどのくらいの費用が必要になるのか気になる人も多いと言えましょう。中古艇を見つければ200~300万円などの金額で購入が出来るケースもありますが、新しいものを見つけるとなると数千万円もの金額になると言われています。新艇の場合でも仕様を変更するなどで改造が必要になるケースも多く、船代と改造費などを含めると高額な予算を用意しておかなければなりません。さらに、屋形船を保管しておくために場所も必要です。

屋形船の維持費について

屋形船の維持費について?屋形船の維持費はしっかりと計算することが大切です。屋形船をビジネスとしてする場合には必ず必要になる計算といえるでしょう。主なものは海や川に泊めておくための費用や保険代、ガソリン代などが必要になりますが、さらには税金もかかることも知っておくことです。
また屋形船で使用する備品なども考えておくべきですし、長期にわたって使用することになるでしょうから、躯体の修繕費用なども考えておく必要があります。もちろん、修理などのサービスを探しておくことも必要です。屋形船は万全の状態で運行することが必須条件となりますから、エンジンなどは交換できるものを用意しておくのか、修理ですぐに対応してくれるところを見つけておくのかなども考えておくべきです。
これらは維持管理にかかる費用と時間などを考えて決めていく必要があります。万一の事なども考えてしっかりと準備をしておくことが大切です。そうすることで、さまざまな事態に対応することが出来るのです。