今人気の屋形船の楽しみ方や利用法をご紹介します

夏の夜を彩る盛大な花火を、屋形船からゆったりと鑑賞したいと願う人は少なくありません。情緒あふれる花火見物の特等席である屋形船は、早めの予約で確実に押さえておきたいものです。
当日の何ヶ月前から予約したら良いのか、その方法は電話とネットどちらが良いのかなども含め、最適な手段をあらかじめ知っておくことが大事です。
参加人数や船のタイプによっては特に急いだほうが良いケースもあり、計画している場合は、問い合わせも含め早め早めが肝心です。

花火屋形船の予約は何ヶ月前から行うべき?

花火屋形船の予約は何ヶ月前から行うべき? 花火見物のための屋形船の予約は、何ヶ月前から受付可能といったような決まりはありませんので、お目当ての花火大会の日程がわかった段階で、グループの参加人数などを確認し、すぐに予約を入れておくことが大事です。人気がある屋形船は、日程判明後、早い段階で乗船枠が埋まってしまうことが考えられます。
屋形船には、乗合船と貸切船の2種類があり、企業などが貸切る貸切船はさておき、一般の人が数組ずつ相乗りできる乗合船に人気が集中します。参加人数によって乗船可能かどうかも違ってきますので、問い合わせの時点から、電話でのやりとりを行うほうが状況を把握しやすくなります。
乗船可能な空きがあれば、そのまま予約することもできます。人気の屋形船は意外なほど早く満席となってしまいますので、速やかな電話こそが、船上からの花火見物を可能にします。

屋形船から見る花火の新鮮さ

屋形船から見る花火の新鮮さ 夏にはお祭りや花火大会などの行事が催されます。こうした行事が催される時期には、会社などの組織単位で飲み会を規格することがあります。飲み会は楽しいものですが、毎年いつも通りに楽しむだけでは新鮮味に欠けます。飲み会に新鮮味を求めるなら、屋形船を利用してみると良いです。屋形船を利用すれば夜の綺麗な星空を見られます。花火が打ち上がる日には水面に映る花火を楽しむことができます。
屋形船は予約を入れることで利用できます。行事が催される時期には予約がいっぱいになっていることもあるので、早めの予約を心がけたいです。乗れる定員にも限りがあるので、予約する時は定員も調べておきたいです。船の中ではお酒を飲んだり、食事を楽しんだりできます。飲み会に丁度良い飲み放題プランなども提供されています。料金は最低でも1人辺り1万円以上になります。
航行時間はルートによって異なりますが、2~3時間程度が目安です。船内は昔ながらのお座敷タイプが定番ですが、最近はテーブルと椅子が用意された船があります。昔の屋形船は船内が狭く、身動きが取れないという印象がありましたが、今は船内が広く、内装も綺麗に整っています。船で見る景色を一度は経験したいものです。

おすすめ屋形船関連リンク

人気の花火大会を展望デッキから快適に楽しめます。

屋形船 花火